車 バッテリー アイドリング

車バッテリーとアイドリングの関係

アイドリングストップという言葉を聞いたことがある方も多いことでしょう。自動車を運転される方であれば、日頃からアイドリングストップを励行されている方も多いかと思います。今さらかもしれませんが、アイドリングストップとは、自動車やオートバイなど、不要なときはアイドリングを行わないことです。例えば信号などで停止した際などに、アイドリングを控えることで、省エネや環境対策に繋がるとされています。

今では、ハイブリッド車を中心にアイドリングストップを行う機能を搭載したものが広く普及しています。信号待ちなどでブレーキを踏むことでエンジンが止まり、ブレーキから足を離すと、再びエンジンがかかるという仕組みです。これにより、燃費の向上にも繋がるとされています。

しかし、エンジンを止めたり、再び起動させたりを繰り返すことで、車バッテリーに少なからず影響が出るのではないかと懸念されます。確かに、自動的にアイドリングストップすることで、エンジンや発電機が停止します。つまり、その間に必要な電気はバッテリーから供給されることになるのです。それだけバッテリーの消耗が激しくなるのではと考えられます。

この考えには間違いがありません。そのため、バッテリーが早く消耗してしまうことを防ぐために、アイドリングストップ機能がある自動車に関しては、通常よりも倍以上の容量を持つバッテリーを組み込んだり、いくつかのバッテリーを搭載するなどの対策を採っているのです。しかし、アイドリングストップ機能のない自動車に関しては、やはり自主的なアイドリングストップによって、バッテリーの消耗が激しくなるのは事実なのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加