車 バッテリー 外し方

車バッテリーの外し方

車バッテリーが寿命を迎えたために交換しなければならなくなった…こういった場合に、ガソリンスタンドやカーディーラーなどで車バッテリー交換の作業をしてくれますが、もちろんこれには料金が発生してきます。

しかし、車バッテリーは正しい手順を守って作業を行えば、自分自身で行うことが出来るのです。その手順はけして複雑なものではありませんが、慎重にかつ、しっかり手順を守って行わなければ、車バッテリーがショートを起こしたり、最悪の場合には車バッテリーが爆発を起こしたり、せっかくの愛車のコンピュータを壊してしまったり…ということに繋がりかねません。しかし、正しい手順で行えば、何の問題もなく、簡単に取り外しができます。

まず、車バッテリーの取り外しに必要な工具や軍手などを準備します。一通り、準備が出来たら、車両の電装アクセサリーをすべてオフにした上でキーの抜きます。ボンネットを開けて、まずは車バッテリーのマイナス端子を外します。このとき、プラス端子はまだ接続されたままなので、マイナス端子に工具が触れてしまうとショートを起こしてしまう可能性がありますので、十分な注意を払う必要があります。

次にプラス端子を外し、最後に車バッテリー本体と車両を固定している金具を外します。ここで車バッテリーを取り外すのですが、傾けてしまうと中の電解液がこぼれてしまうことがあります。電解液は目に入ると失明してしまう危険性もあり、車に付着すると部品が劣化してしまう物質です。電解液をこぼさないように水平に保ちながら慎重に取り外すようにしましょう。

以上のような手順に沿って作業を行えば、安全に車バッテリーを取り外すことが出来るのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加