車 バッテリー 放電

車バッテリーの放電防止方法

車バッテリーはエンジンを止めた状態で、ライトをつけたり、カーオーディオなどの電装品を付けた場合に、上がってしまうという現象を引き起こします。これは、放電によって、車バッテリーに蓄えた電気がすべてなくなってしまった場合に起こるのです。その他にも、車を運転しながら、電装品を多数使ってしまうことで、エンジンを使って充電するスピードよりも、電装品の仕様などに伴って放電するスピードの方が早い場合に、車バッテリー内の電気がなくなってしまうことで、バッテリー上がりを引き起こしてしまいます。

しかし、このようなケースの場合は、自動車の運転手は、日常的に自動車を運転する機会があるために、エンジンを動かすなどで再び車バッテリーに電気を供給できるのです。

一方で、日常、あまり車を運転しない方の場合、長期間、エンジンをかけないでいると、やはり車バッテリーが上がってしまいます。それは、車バッテリーはいくら停止していたとしても、少しずつ放電を行っているために、やがてバッテリー内の電気がなくなってしまうのです。

もし、車を運転する機会があまりなく、これまでもそのことでバッテリー上がりを起こしてしまったご経験があるのであれば、車バッテリーのマイナスターミナルを外すことをオススメです。長い期間、車を運転しないのであれば、この方法によって放電を出来る限り防止することが出来、そのことで車バッテリーが上がることを予防してくれるのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加