車 バッテリー 充電器 自作

車バッテリーの充電器は自作出来る?

車バッテリーは市販で様々な種類のものが販売されています。車バッテリーそのものは3~4年の寿命といわれているため、たとえ新車を購入しても、数年経過すれば、車バッテリーを交換しなければならないときもあるのです。また、車にさまざまな電装品を装着することで、現状の車バッテリーではすぐに上がってしまうという経験をされている方にとっては、もう少しバッテリー容量の大きな車バッテリーに交換したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、車バッテリーを自分が持っている車に合わせて、自作することは出来ないかと考える方も多いようです。しかし、車バッテリーそのものを自作で作ろうとする際、かなり精密な知識がないといけません。そもそも車バッテリーの中には希硫酸が含まれる電解液が存在します。これは目に入ると失明する危険性があるほどに危険な物質であるため、これを手に入れること自体が出来ないのです。

また、電圧や電流に関してのかなりハイレベルな知識も要求されるため、このような知識をすでにお持ちの方であれば問題ありませんが、ただ単に「自分の車のレベルをもっと上げたいから、自分なりの車バッテリーを作ってみたい」とお思いであれば、自作はけしてオススメはできないのです。案税制の面から考えても、やはり車バッテリーは自作するのではなく、市販のものの中から自分が理想とするものであり、車にも適合する車バッテリーを購入するようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加