車 バッテリー 交換時期

車バッテリーの交換時期について

車バッテリーには寿命があります。一般的には車バッテリーに蓄えることができる電気容量が劣化することで寿命を迎えるわけですが、それは平均的には3~4年とされています。車バッテリーの使用頻度によっては、もっと早い段階でバッテリーが消耗したり、逆に平均よりも長期間に渡って使用できる場合もあるのです。

では、自分の自動車の車バッテリーがそろそろ寿命が近くて、交換が必要になる頃の目安とはどのようなものがあるでしょうか?

例えば、パワーウインドウを動かす際、「以前よりもパワーウインドウの動きが遅い」と感じるようであれば、車バッテリーの寿命が近いといえるでしょう。また、ヘッドライトが暗く感じるものの、アクセルを踏むと明るくなるといった場合も挙げられます。

また、エンジンをかけたときに何か鈍い音を感じたことはないでしょうか?エンジンを始動した際にセルモーターの動きが鈍くなり、キュキュキュ…といった異音を感じた場合も、車バッテリーの交換時期が近いことを意味しているといえます。

こういった症状があれば必ず車バッテリーの交換時期というわけではないのですが、かなりの確率で近い将来に車バッテリーが動かなくなるといえます。またバッテリー液の減りが激しかったり、ここのところバッテリー上がりをすることが多いと感じるときも注意が必要です。これらを目安にして、該当する症状があれば車バッテリーの交換を早い段階で検討されることをオススメします。


このエントリーをはてなブックマークに追加