車 バッテリー液 補充

車バッテリー液の補充方法

車バッテリーが電気を充電するに当たって、必要なものの一つに車バッテリー液が挙げられます。バッテリー液が不足してしまうと、バッテリーがバッテリーとしての性能を発揮できなくなってしまうのです。

そもそも車バッテリー液では電解液とも言われます。これは無色透明の硫酸であり、過度な充電エネルギーを加えた際に、酸素ガスと水素ガスに分解する効果があり、それとともに車バッテリー液は減少してしまうのです。そのため、車バッテリーの性能が落ちてしまうため、車バッテリー液を新たに補充する必要があるのです。

では、車バッテリー液を補充するにはどうすればいいのでしょうか。

まず車バッテリー液の補充を行う際に、バッテリー補充液を用意します。バッテリー補充液は蒸留水という特殊な水です。普通の水道水では車バッテリーの性能が低下してしまうので、バッテリー穂樹液を使用するようにしましょう。その他には車バッテリー内の液が目に入るのを防ぐサングラスや、手が汚れない様子にするための軍手、さらにはレンチなどの工具が挙げられます。車バッテリー内に存在する液体は硫酸であり、これが人体に付着してしまうと皮膚炎を起こし、機器に付着すると金属の酸化を招いてしまうため、取り扱いには慎重を期す必要があります。

次に、実際に車バッテリー補充液を補充して行きます。この作業を行うに当たって重要なのは、車バッテリー補充液の入れすぎには注意することです。一般的には車バッテリー液を前から見たとき、「LOWER LEVEL」のラインより少なくなっている場合に補充するようにします。補充の際は中のバッテリー液が跳ねて、外に飛び出すことの内容に慎重に、少しずつ入れていきましょう。

そしてもう一つ注意すべき点は、「UPPER LEVEL」と表示されているラインまで入れることです。しばらく補充しなくて済むように、いっぱい入れてしまおうと思いがちですが、このラインを超えて入れてしまうと、充電時に中のバッテリー液が外にあふれてしまい、車バッテリー周辺の機器を参加させてしまう危険性があるためです。あくまでも、「UPPER LEVEL」と書かれているラインを厳守することも、車バッテリー補充液の補充の際に重要なポイントなのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加