車 バッテリー交換 値段

車バッテリー交換の値段はどれくらい?

車バッテリーの寿命は平均すれば3~4年程度とされています。寿命を迎えた車バッテリーは当然、交換をしなければならないのですが、そのときにかかる費用とはどのようなものなのでしょうか。

まず、使用済みの車バッテリーに替わる新品の車バッテリーを用意する必要があります。これは価格的にはまちまちで、例えば国産車用の車バッテリーと輸入車用の車バッテリーでも大きく異なります。また、カー用品店で購入する場合や、インターネット通販などで購入する場合でもその値段は変わってきます。

そして、もしカーディーラーやガソリンスタンドなどで車バッテリーを交換作業を行う場合は、その作業費用が発生します。とりわけカーディーラーに交換作業を依頼すると、最もお金がかかるとされています。その一方で自分自身で車バッテリーの交換をする場合は、作業費用が発生しないため、それだけおトクになります。

また、車バッテリー交換したら、使用済みの車バッテリーは廃棄しなければなりません。そのため、カーディーラーやガソリンスタンドなどに廃棄もあわせて依頼するのであれば、廃棄料金もかかります。廃棄については、車バッテリー交換の際のサービス料金に含まれている場合もありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

このように、車バッテリーの交換の際には、様々な料金がかかってきますが、どのような交換方法を選ぶが、そのように新品の車バッテリーを購入するかなどの選択によっては、その価格を大きく抑えることが可能なのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加