車 バッテリーマーク

車バッテリーマークが点灯したら?

車を運転している際に車バッテリーに何らかの障害が発生した場合に、バッテリーマークが点灯することがあります。このバッテリーマークが点灯する原因として考えられるのが、オルタネーターの異常です。現在の車には折る端ーターと呼ばれる発電機がついていて、エンジンから動力を伝達することで車バッテリーに電気を蓄えているのです。つまり、エンジンを動かすことで車バッテリーの充電が出来るのは、このオルタネーターのおかげともいえるのです。

さて、バッテリーマークが点灯するときは、車バッテリーに障害が発生したときというのは先述の通りですが、車バッテリーに蓄える電気を作っているオルタネーターが故障してしまうと、いくらエンジンをかけて走行していても、車バッテリーに電気が充電されません。つまり、オルタネーターが故障することで、車は車バッテリーの残された電力のみで走ることになり、この充電がなくなってしまうと、車は完全に止まってしまいます。

もし、バッテリーマークがついてしまったときは、自宅に帰った上で対処するか、もしくは近所のガソリンスタンドたカーショップに立ち寄るといいでしょう。とにかく、バッテリーランプの点灯は一刻を争う緊急事態であることを認識しておくことが大切であり、緊急な対処が必要なのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加