車 バッテリー 接続

車バッテリーの接続方法

車バッテリーが故障してしまったり、寿命により交換する必要がある場合、また、より性能の良い車バッテリーに交換する必要がある場合、従来、車に搭載されている車バッテリーを取り外し、新しい車バッテリーを車に接続しなければなりません。ガソリンスタンドやカー用品店では接続のサービスをしているところもありますが、手順さえ守れば、自宅でも簡単に車バッテリーの接続を行うことが出来ます。

車バッテリーの接続を行う際は、まず、自動車の車バッテリーを搭載する位置の周辺をきれいに清掃するところから始めましょう。その際には、ターミナル部分にグリスなどを塗ることでサビ防止を行っておくと、トラブル防止にも繋がります。

清掃が終わったら、いよいよ車バッテリーを接続します。ショートを防止するために、まずはプラスの端子から取り付けるようにしましょう。このとき、端子を強く締めすぎると破損する可能性があるので、あまり力任せに作業しないように気をつけましょう。またプラスの端子を接続したら、マイナス端子にも電流が流れているため、工具などで触れないように細心の注意を払うようにしましょう。

次にマイナスの端子を付け、正常に取り付けることが出来れば、車バッテリーの接続は完了です。最後にカーラジオや時計などを調整すれば、すべての作業は終わります。

て車バッテリーの接続の手順としてはとても簡単ですが、端子の取り付けの際は慎重に行うようにしましょう。その点さえ注意すれば、とても簡単に車バッテリーの接続を行うことが出来るのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加