車 バッテリー 種類

車バッテリーの種類

車バッテリーと一言で言いますが、それには様々な種類があります。一般的な車バッテリーに関しては、開栓型バッテリーと密閉式バッテリー、そしてドライ式バッテリーの大きく分けて3つに分類することが出来ます。

まず、開栓型バッテリーは時々、ふたを開けて保水しなければならないタイプの車バッテリーで、最もメジャーなタイプの車バッテリーといえるでしょう。日頃のメンテナンスが必要であることからメンテナンスバッテリーとも呼ばれています。日頃のメンテナンスが必要なことから、メンテナンスフリーである密閉式バッテリーに比べて、値段が安い反面で、車のバッテリー上がりのときの回復が早いという特徴があります。

一方、密閉式バッテリーは電磁の充電に必要な電解液が非常に減りにくい構造になっているため、日頃のメンテナンスが必要ないことからメンテナンスフリーバッテリーと呼ばれます。最近では、メンテナンスフリーが好まれる傾向もあり、徐々にその数を増やしているようです。

最後にドライバッテリーはほぼ完全に密閉された車バッテリーであるため、倒れても中の電解液などがこぼれることもないため、カーレースなどに使われています。そのため、一般車両ではあまり見かけることがない車バッテリーといえるでしょう。

このように、車バッテリーは一般的には開栓型バッテリーと密閉式バッテリーが中心となっており、保護路のメンテナンスが必要がどうかによって使い分けられているといっていいでしょう。しかし、メンテナンスフリーだからといって、値段が高かったり、バッテリー上がりのときの回復が比較的遅いなどのデメリットもあるのです。そのため、それぞれの特性を良く把握しておくことが、車バッテリー選びなどの際にも大切だといえるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加